スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

地味といえばコチラも

OFFICIAL BLUES BAND BOOTLEG ALBUM / THE BLUES BAND

地味といえば、こちらもそれなりザ・ブルース・バンド。


元マンフレッド・マンの二人が在籍していたりして
大物メンバーいるんですけどね。



そういえば先日、ザ・ブルース・バンド初期4枚のオリジナル・アルバムが
紙ジャケになりました。


前回「ロッド・デミックとハービー・アームストロング」のCDもそうですが、
このエアー・メイル・レコーディングスも地味系の
うれしいアルバムを出してくれます。


ザ・ブルース・バンドのセカンド『 READY 』は8センチCDシングル入り
なんて凝った仕様で気合いもバッチシ!


で、この『 OFFICIAL BLUES BAND BOOTLEG ALBUM 』は
ザ・ブルース・バンドの発売当初は自主制作で
1980年に発売されたファースト・アルバム。


オープニング1曲目エルモア・ジェイムスの《 Talk To Me Baby 》で幕を開けるは
デイヴ・ケリーのスライド・ギター。


若月氏のライナーによるとデイヴ・ケリーは
ローリング・ストーンズ結成前、ポール・ジョーンズと組んでいた
ブライアン・ジョーンズのプレイを目にしてスライド・ギターに興味を持ったのだとか。


そのデイヴ・ケリー、このバンドに誘われた際、
リハーサルの初日まで元マンフレッド・マンのヴォーカルが
参加していることを知らなかったらしい。


まぁ、ともかくポール・ジョーンズがパンクの登場に影響を受けたのか、
「やっぱ俺はブルースやりてーな」
と好きな曲をライヴで楽しむために結成したバンド。


このファーストでも4曲がライヴで収録されてますが、
なにしろこのバンド、ツワモノ揃いだけあってウマイ!
しかも、楽しそうなパブの雰囲気がムンムン。


客の掛け声や一緒に歌っているトコからもいい感じが伝わってきて
パブロック好きの方には、パブの楽しさが味わえる
このファーストは抜群にオススメっす。


OFFICIAL BLUES BAND BOOTLEG ALBUM / THE BLUES BAND
『 OFFICIAL BLUES BAND BOOTLEG ALBUM / THE BLUES BAND 』
Amazonの詳細

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2009.03.24 | Comments(0) | Trackback(0) | パブロック

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。