スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

元アニマルズなんですが

ノーマークでしたが紙ジャケ化されてましたコレ。
モッズ系、ジョージィ・フェイムあたりが好きなら
このサウンドはズバッっとフィットするでしょう。

THE PRICE TO PLAY / ALAN PRICE SET
『 THE PRICE TO PLAY / ALAN PRICE SET 』

アニマルズのキーボードだったアラン・プライスが、
新たに結成したバンド、アラン・プライス・セットの
1966年に発売されたファースト・アルバム。

ロバート・パーカーにはじまり、
ドン・コヴェイやら、オーティス・レディングやら、
マーヴィン・ゲイやらのカバー連発!
明らかにモッズ狙いの選曲っす。


ストレンジ・デイズの和久井氏によると
「ズート・マネーとソロ初期のこの人は”通”が辿りつくところ」
--- ストレンジ・デイズNO95より引用

・・・なんだそうだ。


しかし、”通”向けかといえば、
ズート・マネーほどコテコテではなく、
アラン・プライスのヴォーカルもシャウターではないので、
ジョージィ・フェイム初期のノリにかなり近い。

この3人の共通点は、
オルガンがブリッっとうなるトコか。


後にズート・マネーはエリック・バードン率いるアニマルズと合流し、
アラン・プライスはジョージィ・フェイムと合流するというのも
なかなかおもしろい。


・・・で、この紙ジャケット仕様の『 THE PRICE TO PLAY / ALAN PRICE SET 』。
全12曲仕様でボーナス・トラックなしなのがちと残念。
以前出ていたCDは、ボーナス・トラックてんこもりの24曲仕様だったんだけどなぁ。

THE PRICE TO PLAY / ALAN PRICE SET
紙ジャケット仕様『 THE PRICE TO PLAY / ALAN PRICE SET 』
Amazonの詳細
Towerの詳細


ジャケットにこだわらなければ、
60年代のアラン・プライス音源を集めたコチラもオススメです。

HOUSE THAT JACK BUILT - THE COMPLETE 60's SESSIONS / THE ALAN PRICE SET
『 HOUSE THAT JACK BUILT - THE COMPLETE 60's SESSIONS / THE ALAN PRICE SET 』
Amazonの詳細
Towerの詳細

スポンサーサイト

2007.09.22 | Comments(0) | Trackback(0) | モッズおすすめオルガン・ビート

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。