スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ツイスト・アンド・シャウト

TWIST AND SHOUT! - 12 ATLANTIC TRACKS PRODUCED BY PHIL SPECTOR

ビートルズ、初期の代表的ナンバーであるツイスト・アンド・シャウト。


この曲、元々のオリジナルはトップ・ノーツというR&Bコーラス・グループで、
なんとフィル・スペクターがアトランティックで
リーバー&ストーラーの元で修業していた時にプロデュース。


このトップ・ノーツというグループ、
あのフーがカバーした《 Daddy Rollin' Stone 》のデレク・マーティンが在籍?していたとか。


が、フィル・スペクターがプロデュースしたトップ・ノーツのツイスト&シャウトは、
オールディーズ風のダンス・ナンバー的な仕上がりで、
おいらは編集盤『トゥイスト・アンド・シャウト 12アトランティック・トラックス』で聴いたが、
あのコーラスのハモリ部分もなく、異なった展開のメロディーを持ち、
ビートルズとは無縁なイメージ。


TWIST AND SHOUT! - 12 ATLANTIC TRACKS PRODUCED BY PHIL SPECTOR
『トゥイスト・アンド・シャウト 12アトランティック・トラックス(プロデュース:フィル・スペクター)』
Amazonの詳細


《 Daddy Rollin' Stone 》を期待しても似つかないサウンドで、
例によってフィル・スペクターがオーバーに仕立て上げたとかで、
作者であるバート・バーンズは苦笑(激怒?)したとか。


そしてリベンジすべく今度はバート・バーンズ自身が
プロデュースし同曲を録音したのがアイズレー・ブラザーズ。


BEATLE CLASSIC
『ザ・ビートル・クラシックス』
Amazonの詳細

こちらのツイスト&シャウトはメデタくヒットを記録。


そしてそれをどこからか聴きつけレパートリーにしたのがビートルズ。


アイズレー・ブラザーズ版を大きく変えることなく
よりパワフルに特徴的なコーラスをフィーチャー。


恐らくビートルズ自身も意識していたわけではないだろうが、
まるでビートルズ自作の曲のように仕上げてしまった。


1962 LIVE AT STAR CLUB / THE BEATLES
『 1962 LIVE AT STAR CLUB IN HAMBURG 』
Amazonの詳細

正式なデビュー前である『 1962 LIVE AT STAR CLUB IN HAMBURG 』のライヴにて
既にそのレベルなのだ。


やはり恐るべしビートルズである。



スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2008.12.06 | Comments(0) | Trackback(0) | ブリティッシュ・ビート・クラシックス

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。