スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

60年代組みがスムーズにヘッドコーツに入る方法

THEE HEADCOATS

今、話題!?のヘッドコーツですが、
60年代ブリティッシュ・ビート・ファンがヘッドコーツでも聴いてみるか・・・と
まずはベスト盤から、なんて方は注意が必要かもしれません。



THEE HEADCOATS
ベスト盤『ヘッドコーツ・ベスト』は
あともう一歩な曲が多いので、他に何かいいの無いかなと思っても、
ヘッドコーツ関連アルバムのあまりの多さにメゲて、
その後、放置される可能性があります。


なぜならおいらがそうだったからです。


スムーズに聴く手順としては、


THE PRETTY THINGSTHE SECT / DOWNLINERS SECTTHE ROCK SECT'S IN / DOWNLINERS SECT

プリティ・シングスのファースト、
ダウンライナーズ・セクトのファースト、サードは
おさえておきましょう。

THE PRETTY THINGS ⇒ Amazonの詳細
THE SECT ⇒ Amazonの詳細
THE ROCK SECT'S IN ⇒ Amazonの詳細


READY SECT GO!DEERSTALKING MEN
次に

ヘッドコーツ・セクトを
おさえておきましょう。

これにも順番があり、
『 READY SECT GO! 』
『 DEERSTALKING MEN 』
がよい順序です。

READY SECT GO! ⇒ Amazonの詳細
DEERSTALKING MEN ⇒ Amazonの詳細


そしていよいよヘッドコーツですが、
ベスト盤はいけません。


CONUNDRUMHEADCOATITUDE

『 CONUNDRUM 』
または
『 HEADCOATITUDE 』
が良いと思います。


W.O.A.H! BO IN THEE GARAGE
もしあなたが慎重派の場合は、
『 W.O.A.H! BO IN THEE GARAGE 』
が耳なじんだ曲が並んでいるので良いかもしれません。

CONUNDRUM ⇒ Amazonの詳細
HEADCOATITUDE ⇒ Amazonの詳細
W.O.A.H! BO IN THEE GARAGE ⇒ Amazonの詳細


特に②をふまえることがが重要ではないかと
個人的に思っています。


おいらもこの段階で、体が準備できていてので、
③のステップで『 CONUNDRUM 』が自然な形で、
入り込んできました。


その後はどのアルバムを聴いても、問題ないようです。
勝手に次はどれを聴いてみようかなと考えていくので、
楽しみが1つ増えますね。




スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

2008.11.30 | Comments(0) | Trackback(0) | パブロック

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。