スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ボ・ディドリーとT氏

BO DIDDLEY & COMPANY

『 BO DIDDLEY & COMPANY 』

先日、世界初CD化されたボ・ディドリーの「ボ・ディドリー&カンパニー」。


このアルバムについては、
おいらが語るよりT氏の意見が参考になります。


> ブルース&ソウル・レコーズ買いましたよ!
> 良く立ち読みはしてたんですが、付録のCDが魅力的だったので、初めて買いました。

(BEAT-NET注:2008年12月号のこと)

> マンフレッドマンの元ネタ曲が特に良いですねぇ。
> 私はああいうドラムのシンプルなビートのみ+♪アーッアッアーアッアーみたいな曲が大大好きなんですよ!
> (他だとウィルソン・ピケットのダンス天国の♪ラーララララーの箇所とか)
>
> バースデイの間奏もそうですが「究極のロック」とは、
> ドラムのみでリスナーや観客の体を自然と動かす事だと私は思ってます。
> チャットモンチーはドラムイントロが多いのでそれを本能で知っている様な感じがします(だから好きなのかも)。

(BEAT-NET注:バースデイとはビートルズのホワイト・アルバム収録曲のこと)

> しかしこの本はやばいですねえ!ブルース、ソウルの底無し沼の入り口になりかねない危険性があります(笑)。
>
> ここからが私の一番言いたい事なんですが、
> 「ボ・ディドリー追悼紙ジャケ5枚」の記事を見たら「ボ&カンパニー」の事を
> 「やけに腰にくるベース」なんていやらしい事(笑)を書いてあったんで
> 早速アマゾンで買って聴いてみたら.....凄いです!
>
> 腰に来るなんてもんじゃないです!
> 単に音圧が強いっていう問題じゃなくて、
> 柔らかいんですけど粘っこくてやけに存在感のある音なんですよ!
>
> あのベース音サイコーです!
> 私はもうボ・ディドリーはあれ以外聴く気になりません。
> 50年代の曲はベースがほとんど聞こえないし、
> かといってロック創世記の人による60年代後半以降のきれいなサウンドの曲もなんかしっくり来ないので。
>
> こんな音が我が家のスピーカーから鳴ったのは初めてです。
> 一体どんなベースを弾いてるんだって感じですよ。SなんとかCDの効果なのかもしれません。
> (ちなみにシリアルナンバー29でした。売れてないなぁ)
>
> SHM-CDの効果じゃなくて録音が良かったという事ですかね?
> もしそうだとすると私の書いたレビューはまるでレコード会社の回し者ですね
> 「ベストレビューは広告と変わらん」なんて言っておいて(笑)
> まあド変態レベルの低音フェチの私が本当に良いと思って書いてるので、
> 本当に低音が好きな人間が私のレビューを見て買ったとしても絶対にガッカリさせない自信がありますけどね。
>
> アマゾンにレビューを書いときましたので良かったら見て下さい。
> ボ・ディドリ-がチャットモンチーに挟まれてるという変な光景です(笑)。


BO DIDDLEY & COMPANY

ちなみにおいらのシリアルナンバーは0534でした。


それからT氏のレヴューというのは以下。
激オススメ ⇒ T氏のレヴューを見る

メチャ楽しめます。



スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

2008.11.27 | Comments(0) | Trackback(0) | モッズおすすめR&B

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。