スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ピート・タウンゼンド?ピート・タンシェンド?

THE WHO

W様より、フーのギターリストであるピートの日本語表記について、
ご指摘いただきました。


おいらがメルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」の中で
ピートのコトを
「ピート・タンシェンド」
と表記していたことによるものです。




実にタメになりましたので、
共有させていただきます。


> 一点気づいたことが、
>
> Townshend...  どうしてもタンシェンドと表記したくなる。 以前は私もそうでしたが、
> ネイティヴの連中の話すのを聞くと、タウンゼンドと発音している。 
> なぜ? とずっと疑問であったが
> あるとき 気づいたんです。
>
> 音節の区切りは
> X Town - Shend
> O Towns - Hend
>
> タウンズ - ヘンド !  で、
> 続けて発音するとHは詰まって無音となりタウンズエンド さらに略すとタウンゼンドだ!
>
> 以上 ご参考まで


なるほど!


勉強になりました。
W様、ありがとうございます。



スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2008.11.23 | Comments(0) | Trackback(0) | その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。