スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2008年再発見、再評価大賞!

CONUNDRUM / THEE HEADCOATS

ブルースマンの再発見じゃないが、
恐らく個人的な2008年の再発見、再評価大賞は、

ジー・ヘッドコーツ (THEE HEADCOATS)

であろう。


ミッシェル・ガン・エレファントが活動していたパブロック・バブルの時に、
その名前がアチコチから出てきていたので、
何を今さら・・・な感があるかもしれないが、
個人的には過去にベスト1枚をサラッと聴いたまま、
放置されていたバンドである。


その再発見のキッカケはT氏のオススメによる
『 CONUNDRUM / THEE HEADCOATS 』

全編120%、カッコよいアルバムとのコトであった。


これまでヘッドコーツを聴いていなかったのは、
キライだからとかいう理由ではなく、
ビリー・チャイルディッシュ関連のアルバムがあまりにも多いので、
どれから聴こうかなんて思っているうちに、
いつの間にか、まともに聴かずじまいのままという状況であった。


で、どれか1枚なら『 CONUNDRUM 』でしょうと。
ベストより良い曲満載なのだとか。


聴けばなんてことはない、

激カッコイーではないか。



ちなみにT氏いわく、ヘッドコーティーズも
おもしろいサウンドですよ。

聴けばなんてことはない、

なかなかイーではないか。



ちなみにT氏いわく、ミルクシェイクスは
バンド名とおりに白いサウンドですよ。

聴けばなんてことはない、

イマヒトツひとつではないか。



CONUNDRUM / THEE HEADCOATS
というコトで、『 CONUNDRUM 』
Amazonの詳細


1994年に発売されたもので、
何枚目になるのかはわかりませんが、
1989年のファーストの『 HEADCOATS DOWN! 』から
既に10枚以上のアルバムが出ている様子。


その『 CONUNDRUM 』
タイトで硬質なサウンドが詰まっていて
一切のブレ無し、潔し、実にカッコイーです。


近頃は、ヘッドコーツ、ボ・ディドリー、ジミー・リードのサイクルがクセ。
脳ミソがグショグショになっていくのを楽しんでおります。


また、他のヘッドコーツのアルバムも、
随時チャレンジ中!


他にもビリー・チャイルディッシュ関連でオススメのアルバムがあれば
是非是非、教えてください。



スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

2008.11.15 | Comments(0) | Trackback(0) | ビート系おすすめアルバム

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。