スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

アラン・プライス、通が辿りつくところ

THE PRICE TO PLAY / ALAN PRICE SET

和久井光司氏によると

ズート・マネーとソロ初期のこの人は"通"が辿りつくところ

の、この人とはアラン・プライス。


そのアラン・プライスがアニマルズ脱退後
ソロとしてのファースト・アルバムがこれ。

『 THE PRICE TO PLAY 』


印税関連で揉めた本人にはちょいとキツめのタイトルはさすがイギリス。



内容は明らかに当時ピークを迎えつつあったモッズというブームに
対応したであろう選曲。


収録曲はちょっとベタすぎて狙いすぎ?とは思うが、
そのサウンドはちょっぴり大人仕様。


ズート・マネーのサウンドを期待すると
ところどころでシャウトするも、
そのアラン・プライス本人のヴォーカルはどこか落ち着きを感じさせるし、
一部の曲ではグルーヴィーなオルガンを聴かせてくれるものの
爆走したりはしない。


ちょっと物足りなさもあり、大絶賛というほどでもないけれど、
全体的にカッコイーことはカッコよく、内容も悪くはない。


THE PRICE TO PLAY / ALAN PRICE SET
Amazonの詳細



スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

2008.11.12 | Comments(0) | Trackback(0) | モッズおすすめオルガン・ビート

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。