スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ドクター・フィールグッド

MALPRACTICE
個人的に思い入れのあるアルバムで、
決定打となったのがドクター・フィールグッドのセカンド『不正療法』。


10代の後半、レコード屋でバイトしていた頃に、
「おまえなら絶対これ気に入るぞ!」
と店でかけてくれたのがヴィヴィッド盤で再発されたレコード。


それなりにいろいろなロックを聴いていたけれど、
ドクター・フィールグッドなんて名前も知らなかったし、
パブロックなんて言葉も知らなかった。


しかし、そのサウンドは一発で気に入った。


特にウィルコ・ジョンソンというギターがやけに強烈!
それにブルース・ハープがからむトコがとにかくカッコよかった。


これを聴いて、おいらのギター・スタイルは、決まった!
ピックを使うのもやめた。


そして、その時やっていたモッズ・バンドは、
一気に贅肉がそぎ落とされた。


現在までこれを超える衝撃のアルバムには出会っていない。


『 MALPRACTICE 』レヴュー

スポンサーサイト

2007.08.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 思い入れのあるアルバム

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。