スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ザ・コレクターズ大頭鑑

ザ・コレクターズ大頭鑑

いつ発売されたのか知らないが
ふと目にとまってある本を手にとった。

「ザ・コレクターズ大頭鑑」

売れそうで売れない日本の偉大なるバンド、
ザ・コレクターズの本である。



ここ数年のコレクターズのアルバムはご無沙汰だけれど、
一時はアルバムをよく聴いたし、
ライヴもかなり見ている。

ヴォーカルである加藤ひさしの
驚異的な曲のクォリティもスゴいが、
ライヴもとにかくスゴかった。

古市コータローのギターも、
ウマイし味もコクもあって、ホント素晴らしいの一言!

初期のコレクターズはモッズうんぬんの関連で語られるけれど、
おいら的には、あまりモッズ・サウンドという感じはしないな。

サウンドそのものは、
とにかく一流のブリティッシュ・ロック/ポップスなのだ。

で、本を見てて思い出したのだが、
加藤ひさしは相当な映画好きで、
ティーン向け音楽雑誌の連載記事を集めた
「AMAZING STREET」
なる単行本が出ていて、おいらは昔好きでよく読んでいた。

この記事に毎回様々な映画が紹介されていたのだが、
これが大当たりの連続!

当時は未ビデオ化(今ならDVD)のものも多かったから、
紹介された映画をすべてメモにとり、
深夜のテレビ番組で放送される映画や、
ミニ・シアターでのリヴァイバルをチェック。
機会があるたびに見ていたなぁ・・・


その映画メモは「ビート・トゥ・ポップ」という本にはさまれ、
聴くべきアルバム、読むべき小説、見るべき映画として、
まさに若きおいらのカルチャー・バイブルであった。


ザ・コレクターズ大頭鑑
『ザ・コレクターズ大頭鑑』
Amazonの詳細


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

2008.10.24 | Comments(3) | Trackback(0) | その他

コメント

はじめまして。
コレクターズの大ファンのかずまと申します。
60年代のブリティッシュ・ビートが大好きで、このブログを見て面白いなあと思っていたら、こういった色々聴いておられる方がコレクターズも聴いていたとあり、やはりコレクターズは他の洋楽に負けないエッセンスを持っているんだなと再認識しました。
「AMAZING STREET」、自分は読んだことはないので、大図鑑が売れたことにでもをきっかけにして復刻して欲しいですね。

2008-11-02 日 23:08:38 | URL | かずま #- [ 編集]

コレクターズ

かずま様

はじめましてBEAT-NETです。
コメントありがとうございます。
コレクターズは様々なエッセンス、仕掛が満載ですよね。
「AMAZING STREET」復刻するといいのですが。

2008-11-04 火 05:44:06 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-03-03 火 22:22:21 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。