スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Lights Outの元曲は?

SNEAKIN' SUSPICION / DR.FEELGOOD
ドクター・フィールグッドの4枚目のアルバムであり、
ウィルコ・ジョンソンがギターである最後の『 SNEAKIN' SUSPICION 』。

その5曲目に《 Lights Out 》というカバー曲が収録されている。



勢いがあってノリのよい曲で、
ジッピー以後のライヴでも定番化したナンバー。

で《 Lights Out 》ですが、
曲のクレジットが「David/Rebennack」とあり
「Rebennack=ドクター・ジョン」ということで、
ドクター・ジョンがオリジナルと書いてあるのをたまに見かける。

けれど実際のところ、
ジェリー・バーン(Jerry Byrne)が元曲というのが正解でしょう。
ラリー・ウィリアムスなどと同じスペシャリティからのヒット曲。

ファーストでもラリー・ウィリアムスのボニー・モロニーが
カバーされているし、ドクター・フィールグッドのセンスのよさがわかります。

こういう曲を選んでくる張本人は、リー?ウィルコ?

で、ジェリー・バーン(Jerry Byrne)の《 Lights Out 》がこれ。
YOU TUBEで聴けます、お楽しみあれ!





スポンサーサイト

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

2008.10.23 | Comments(0) | Trackback(0) | ブリティッシュ・ビート・クラシックス

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。