fc2ブログ

薄口ガレージが心地良き、BREAKAWAYS

THE BREAKAWAYS / ALL FOR ONE

もはやいつどこで知ったバンドか覚えてないのですが、
紙ジャケで「THE BREAKAWAYS / ALL FOR ONE」というCDが出ていたので購入。


このブレイカウェイズ、ニュージーランドのバンドで、60年代に2枚のアルバムを出してるらしい。
このCDはセカンドと同じジャケ・デザインであるものの、
その2枚のアルバムやシングルからの24曲が収録されてるという編集盤。
バンドの詳細については本CDのジミー益子氏によるライナーノーツがやたらと詳しい。

さて収録曲を眺めれば、ほうほうブリティッシュ・R&Bビートが好きなのね~なカバー曲が連発。
一番のお気にバンドはキンクスと見た。
なんとプリティ・シングスの「Come See Me」発見、なかなかのガレージ臭がプンプカプン。

ではご賞味をと1曲目Chuck BerryのLittle Queenie。
意外といっては失礼ですが、なかなかにタイトな演奏で良質なブリティッシュ・ビート・サウンド。

CD帯には"R&Bパンク"なんてあるけど、狂暴さ暴走感はナシ。
全体的にはマージ―・ビートとブリティッシュR&Bの中間的な感じ。
時折さらっとファズ・ギターも入るも、思ってたよりガレージ色は薄口ですが、
ビートがしっかりしてるので心地良き。

お気に入りは17曲目「Dancing In The Street」。
キンクスのバージョンを元にしてますが、薄口Taxmanテイストなベースが腰にグイグイグイ~っとキマす。


THE BREAKAWAYS / ALL FOR ONE
ブレイカウェイズ / オール・フォー・ワン
OLDAYS RECORDS [ODR6923]
"60's ガレージ・ロッキン・オールデイズ"シリーズの紙ジャケです。
Amazon詳細はコチラ



going back ... BEAT-NET HOMEPAGE



スポンサーサイト



2023.09.17 | Comments(0) | Trackback(0) | ガレージ・バンド

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン ファン・サイト


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索