スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ウィルコ・ジョンソン・プロデュース、THE UNTOUCHABLES

Keep On Walking / Keep Your Distance / THE UNTOUCHABLES

たしか十何年か前?に何かの雑誌で紹介されていたかで、
知って手に入れたレコードが

THE UNTOUCHABLES

というバンドの

「 Keep On Walking / Keep Your Distance 」

という7インチ・シングル。


なんとこのシングル、
あのウィルコ・ジョンソンがプロデュースしているのだ!


▽7インチ・ジャケット
Keep On Walking / Keep Your Distance / THE UNTOUCHABLES

▽裏ジャケのクレジット
Keep On Walking / Keep Your Distance / THE UNTOUCHABLES



そしてジャケ写からもプンプンわかるように
ドクター・フィールグッドが大々々好きという、
4人組のバンドだったりするから個人的には聴かずにはいられない。


ちなみに同じ名前のバンドがいくつもいそうですが、
超パブロック名盤「LONDON R&B SESSIONS」に収録の
バンドともまた別らしい。


さてさてそのシングルに収録の2曲は、ともにオリジナルで
A面はスライド・ギターをバチっとキメたブルース・ロックなブギー、
B面はもろにウィルコ時代のドクター・フィールグッド感じさせるビート・ナンバー。


本家のサウンドにはあと三歩ですが、それは相手が悪い。

センスの良さはバッチリと感じますし、
「おっ、いーじゃん、いーじゃん」
といったイキの良さがあります。


写真から見る限りファッション・スタイルやステージ・アクションなども、
ドクター・フィールグッドまんまで笑かせてくれますね。


▽写真をチェック!
THE UNTOUCHABLES



しかし、既にドクター・フィールグッドを離れていたのみ
プロデュースしたウィルコって・・・



そんな THE UNTOUCHABLES がシングル発売前の
1979年に録音してたらしい音源が
なんとiTunesにあるというのを
最近、上記のサイトから知ってビックリ!


こりゃぁ、個人的には聴かずにはいられない、
・・・という事で早速ダウンロードしてみました。



アルバム?タイトルは「WALKING THE DOG」

クレジット上の収録曲は以下で、
「->」があるのはクレジットとは異なり、
実際にダウンロードされ再生された曲です。

[1] I Can Tell
[2] Keep It Outta Sight
[3] Boom Boom
-> Roxette
[4] Rokette
-> Lucky Seven
[5] Lucky 7
-> Cheque Book
[6] Cheque 7
-> Talkin 'Bout You
[7] Cheque Book
-> Walking The Dog
[8] Talkin 'Bout You
-> She Does It Right
[9] Walking The Dog
-> All My Love
[10] She Does It Right
-> I'm A Man
[11] I'm A Man
-> Boom Boom
[12] You'll Be Mine
-> My Girl Josephine / Dr. Feelgood


なぜかラスト[12]は本物ドクター・フィールグッドの音源だったりしました。


Amazonでもダウンロード販売されており、
クレジット上は同じですが、
試聴する限りはiTunesと同じ間違い音源。

この混乱ぶりはナゾです。



さてさて、そんなミスだらけのダウンロード音源ですが、
そこから聴けるサウンドは
モロにドクター・フィールグッドのコピー。


当時、正式に発売されたものかはわかりませんが、
デモ的な音源でしょうか、
かなり荒っぽいサウンドです。


Jerry Tremaine のヴォーカルは、軽い声質でガナるような歌い方のため、
リー・ブリローのような渋みはまったくありません。
ブルース・ハープも頑張ってますが・・・下手です。


Will & Phil によるリズム隊も軽めで、
スパーコ&ビッグ・フィガーのようなズッシリ感は無し。


まぁ、本家への愛情は伝わりますが、
バンドとしてはハッキリ言ってまだまだ。


・・・なんですが、上手い下手はともかく、

ウィルコ大好きがまんま伝わるギターの
Marc Clements のカッキン・コッキンはお見事。

ミッキー・ジャップのカバー「Cheque Book」は、
ドクター・フィールグッドのバージョンとは別のカッコよさがあり、
なかなか楽しめます。


その後に発売された前出のシングルは
けっこうバンドとしてまとまってますので
やはりパブでがっつりと鍛え上げられたのでしょうね。


それともウィルコ直伝で特訓か!?


混乱のアルバムのほか
シングルもダウンロードできますので、
万人向けではありませんが、聴かずにはいられない方はどうぞ。


アルバムよりはシングル曲の方がオススメです。


『 Keep On Walking / Keep Your Distance / THE UNTOUCHABLES 』
Amazonの詳細

『 WALKING THE DOG / THE UNTOUCHABLES 』
Amazonの詳細



スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2012.08.25 | Comments(0) | Trackback(0) | パブロック

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。