スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ナイン・ビロウ・ゼロの渋いブツ

今も現役パブロック・バンド、ナイン・ビロウ・ゼロ。

(NINE BELOW ZERO = 略称:NBZ)


1980年に出したファーストにしてライヴ「 LIVE AT THE MARQUEE 」の頃は、

ウマイ(=テクニック)
ヤスイ(=チープ)
ハヤイ(=スピーディ)


そして、ちょいモッドが入ったようなバンドでしたが、
一時の解散を経て、徐々に熟成。


時はとんで・・・


2004年、
ヨーロッパで開催されたいくつかのブルース・フェスティヴァルに出演し、
ジョン・メイオール、アルヴィン・リーら
UKブルース・ロック界の大御所と接触した模様。


それがきっかけとなったのか
同じ年にナイン・ビロウ・ゼロは
こんなブルーズ・カバー・アルバムを出してます。

「 HAT'S OFF / NINE BELOW ZERO 」


これが、なかなかに渋カッコ良い1枚で、
アルバム・クレジットには、こんな記述も。

Recorded At Konk Studios, London
Thanks to all at Konk Studios:
Ray Davies


キンクスの持つコンク・スタジオで録音され、
スタジオに居合わせたレイ・デイヴィスに
ちょっとしたアドバイスでももらったのでしょうか?


キンクスも1964年に出したファースト「 THE KINKS 」では、

アライ(=テクニック的には荒め)
ヤスイ(=チープ)
ハヤイ(=スピーディ)


そして、ちょい哀愁が入ったような
ブルーズ、R&Bカバーを多くプレイしていました。


またまた、メンバー変われど今も現役パブロック・バンド、
ドクター・フィールグッドも2000年に「 CHESS MASTERS 」という
名門チェスのブルーズ、R&Bカバー・アルバムを出していました。


コンセプトそしてサウンドともに
このナイン・ビロウ・ゼロのアルバムとかなり近い感じです。


そんなナイン・ビロウ・ゼロの「 HAT'S OFF 」収録曲と
オリジナル・ブルーズ・アーティストは、こんな感じ。


[1] Walkin' Thru The Park / Muddy Waters
[2] Ice Cream Man / John Brim
[3] Goin' Down / Freddie King
[4] I'm Ready / Willie Dixon
[5] Blues Is Here To Stay / Eddie Boyd
[6] Talk To My Baby / Elmore James
[7] Move It / Chuck Berry
[8] I Need Me A Car / Junior Wells
[9] I Wanna Be Loved / Muddy Waters
※STONESでおなじみ I Want To Be Loved
[10] Everyday I Have The Blues / Memphis Slim
[11] Boogie Chillun / Slim Harp
[12] Walkin' By Myself / Jimmie Rodgers
[13] Be Careful / John Brim
[14] You Know It Ain't Right / Little Walter


ブルーズ・アーティストはアルバム・クレジットからの転載ですが、
オリジナル・アーティストというより
影響大となったヴァージョンのブルーズマンといったところでしょうか。


名門CHESSから出された
エルモア・ジェイムスとジョン・ブリムのカップリング・アルバム、
「 WHOSE MUDDY SHOES 」
がお気に入りの1枚だったのでしょうか。
[2],[6],[13]と3曲もセレクト。


さすがにエルモアのダーティさには敵いませんが、
なかなかに健闘。


ジョン・ブリムのユル渋な味は、かなりいいトコいってます。


バンマスでもあるデニス・グリーヴス(Dennis Greaves)は
本家に比べるとヴォーカルの渋みがモヒトツ足りないけれど、
ギターは抜群のウマさ。


派手なところはありませんが、
バッキングもウマく、イクところはイクって感じで
押し引きが絶妙です。


それでもって相棒マーク・フェルサム(Mark Feltham)の
ブルース・ハープが激ウマ!


1曲目オープニングからデニス&マークが
リフをユニゾンでキメて、実に心地良いビート出してます。


おいらのイチオシはユル渋路線な
ジミー・ロジャースの12曲目。


スローめでユッタリとキメ・・・るかと思いきや、
間奏でリズム・チェンジ!


初期Jガイルズ・バンドを思い出させる、
ブギー・ハープをマークがキメまくってまして
これがなんともタマリません。


ジャケもいい感じで、個人的に愛聴してる1枚。
このテのブルース・ロック好きの方はどうぞ!


「 HAT'S OFF / NINE BELOW ZERO 」
Amazonの詳細


またこんなアルバムもお共に最適です。

「 THE CHESS BLUES-ROCK SONGBOOK / VA 」
Amazonの詳細




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本記事はメルマガ
『 ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け! 』2011/12/1発行 第148号
を掲載したものです。

メルマガ詳細

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2011.12.12 | Comments(2) | Trackback(0) | メルマガ記事

コメント

「CHESS MASTERS」は俺も好きです。
最近のナインビロウゼロも好きで結構聴いてたりしたんですが「HAT'S OFF」はまだでした。
チェックしときます。

2011-12-13 火 16:43:12 | URL | アベ #- [ 編集]

「CHESS MASTERS」好きなら

「CHESS MASTERS」好きなら
ブルース色が強いですが「HAT'S OFF」もイケると思います。

2011-12-15 木 09:56:14 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。