スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

HOWLIN' WILF & the vee-jays

HOWLIN' WILF & the vee-jays

HOWLIN' WILF


「HOWLIN' WILF」をAmazonで検索すると・・・

もしかして:HOWLIN' WOLF


と言われちゃいますが、
タイプミスではありません。

そんな無名ドコ・アーティスト、HOWLIN' WILF & the vee-jays の
1986年のアルバムを「CRY WILF!」紹介しましょう。


"Howlin' Wilf"その人は"ジェイムズ・ハンター"といえば
ヴァン・モリソンと共演してたりするので少しだけおなじみ?


あの「パブ・ロック革命」本では

冗談じゃねえ
ハープは狼の遠吠えよ、

(「パブ・ロック革命」より引用)


なんて書かれていたりしました。


このジャケットの写真を見ると感じられるように
"パブ"というより"ストリート"てな雰囲気の1枚。


そのまんま、どっかの路上でプレイしてそうな、
ブルース・ハープも入った渋みあるチープで枯れた音。


バンド名からイメージできるとおりのサウンドで、
ブルース、R&Bの影響がモロです。


ドクター・フィールグッドもカバーしていて、おいらも大好きな曲、
リトル・ウォーターの Mellow Down Easy やってます。


ほか、
どれもどこかで聴いたことあるよな無いような曲で、
ブルースやR&Bカバーばかりと思いきや、
半数ほどがオリジナルだったりもして。


ウッド・ベースが入ってリズム隊が4ビートなので、
大人度高くロック度は薄め。
キャッチーなトコは全然ないですが、
ダスターベネットあたりが好きならドンピシャでしょう。


おいらはのお気に入り度は星4つ。
★★★★


ジャケット左でギターを持ってる人は女性だったりして、
インサートには、なかなかセクシーにギターを弾く写真があったりも・・・


▽CRY WILF! / HOWLIN' WILF & the vee-jays
Amazonの詳細


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2011.07.02 | Comments(2) | Trackback(0) | パブロック

コメント

お久し振りです

もしかして:HOWLIN' WOLFの方の話なんですが
こないだ山野楽器のワゴンセールでEVILっていう2枚組みを750円で売ってたので買ってみたら60年代初期のバンドサウンドって感じでオイラ的には凄く良かったです♪

※ちなみにDr.Feelgoodの弾き語りカバーを投稿したので
お時間があったら名前のURLに来て頂けると嬉しいです。

2011-07-07 木 21:50:29 | URL |  ビートルズブログのKU #- [ 編集]

Re: お久し振りです

七夕の夜、都はるみ・・・サスガです!
HOWLIN' WOLF・・・どこかの枯れたオヤジが歌うガレージ・バンドみたいですよね。

2011-07-08 金 05:43:44 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。