スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Lew Lewis 来日LIVE その2@下北沢GARDEN 2011/3/23

LEW LEWIS live in Tokyo

Lew Lewisの来日LIVEを再び見てしまいました!

3月23日の追加公演分、場所は下北沢GARDEN。
場内は、またまた満員でした。


前日22日は福岡でもLIVEが行われたようですが、
いかがだったでしょうか?


19日の高円寺も見たかったな。
(実はチケットを取ってあったのですが、都合により行けず。)


さて、この23日のLIVEでは初日公演と同様に
震災による影響を考慮しての演奏順序変更で、
ルー・ルイス・バンドのメンバーがステージに早速登場。

そして黙祷が行われた。


・・・


「ウェーカム!」(Welcome!)

いきなりの一言においらはビックら!
初日でのルー・ルイスは、ほとんどMCらしい喋りは無かったのだ。


そして Lucky Seven がはじまった。


ルーは動きも軽快で、
リズムにあわせて体を揺らし、
ヴォーカルも初っ端からガナりまくる。


ブルース・ハープを吹くときも気合充分。
両手を前に伸ばし大きな呼吸とともに、
力強くブロウしまくりなのだ。


その後もルー・ルイスは
「ハイッ!」
(初日は「アイッ」と聞こえた)


そして口数は少ないながらもゴキゲンな様子で、
「アリガト・トキョー」
「ファンタースティッーク」
なんて言葉を連発。


また、ベースであるスパーコのフレーズも手数が多く
動きそのものは地味なものの、
派手目なプレイで、かなりブイブイとうならせていた。


バンド全体も
初日のような様子見といった雰囲気は無く、
リラックスしながらも時に爆走し、
アイコンタクトで修正しながらといった感じで、
いかにもパブで鍛えてるLIVE・バンドってノリ。

いやぁ、マジにカッコいーですな。
もぅシビレまくりです!


このバンドで是非とも
オール・ニューなアルバムを作ってもらいたいものです。

SAVE THE WAIL の続編のような、
ロッキン・ブギーなものが出来そうだと勝手に期待しちゃいます。



アンコールも2回やってくれました。
最後にプレイされた来日時に作られたと思われる曲は
「Tokyo Boogie」と言うらしい。

今回は Boogie in town, Tokyo みたいな内容で、
なんか初日とは歌詞が違っていたような気も。
気分にあわせて即効なんでしょうか?


⇒ 初日公演の様子はコチラでレビュー


初日はあまりの興奮で覚えていないけど、
プレイした曲と構成はほぼ同じだったと思う。

この日のセット・リストは、こんな感じ。


1. Lucky Seven
2. Cheque Book
3. High Temperature
4. Shame Shame Shame
5. Photo Finish
6. Boogie On The Street
7. Mr. Bartender
8. The Blues Had A Baby, And They Named It Rock'n Roll
9. Going Back Home
10. 不明(ギターのWarrenがヴォーカル)
[追記]-> Further On Down The Road
(Taj Mahalのカバー、phantom_chords様より情報提供、ありがとうございます!)
11. Caravan Man
12. You'd Better Watch Yourself
13. Rider
14. Out For A Lark
15. Down At The Doctors
16. Wait
17. Do Just What You Want

アンコール1:
18. My Babe
19. Little Red Looster

アンコール2:
20. Tokyo Boogie


自身のシングル、アルバム曲を中心に、
ブルース・カバー、ドクター・フィールグッド・カバーなどを交えた
至福の90分でした。


個人的にひとつだけ残念だった事。

LIVE中に興奮した一人がステージにあがってきてダイブ。
この行為はバンド、そして観客ともに迷惑で不快な印象を与えると思うのだが、
いかがなものだろうか。



ともかくルー・ルイスも
Fantastic People! Fantastic City!
と言ってくれて、日本でのLIVEを気に入ったようだし、
また来日してくれないかな。


あっ、
4月にウィルコのLIVEがあるんだけど、
ルー、スパーコは帰っちゃうのかなぁ・・・


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2011.03.26 | Comments(2) | Trackback(0) | パブロック

コメント

こんにちは。

私は最終日は行けませんでした。
レポ有難うございます。
Warrenがvocalの曲はMCで「田島ハル」って言ってたので検索してみました。
Further On Down The Road
http://www.youtube.com/watch?v=zRD9wCub7JA

2011-03-26 土 08:39:16 | URL | phantom_chords #- [ 編集]

田島ハル

「田島ハル」(笑)
ありがとうございます。
曲目が判明してとてもスッキリしました。

2011-03-27 日 07:01:16 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。