スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

カーサル・フライヤーズの FIVE LIVE 久々のCD再発

GOLDEN MILE / KURSAALS FLYERSFIVE LIVE KURSAALS / KURSAALS FLYERS

なんだか今月は気になるCD新譜が多いですが、
カーサル・フライヤーズの「GOLDEN MILE」、「FIVE LIVE KURSAALS」が
2イン1で久々のCD再発です。


カーサル・フライヤーズといえば
今ではパブロック・ライターとしての印象が強い
ウィル・バーチがドラマーとして在籍したバンド。


この1976年「GOLDEN MILE」や
1977年のライヴ盤「FIVE LIVE KURSAALS」は、
パブロック名盤的なものの1枚ですね。


おいらはこのバンドを知った当初
1977年5月のMARQUEE CLUBでのライヴ「FIVE LIVE KURSAALS」での
ヤードバーズを思わせるタイトル、
プロデューサーとしてクレジットされているヴィック・メイル、
ドクター・フィールグッドと同郷で関連も深いということなどから
実際に聴く前から勝手に「STUPIDITY」あたりのR&B色濃い
ビート系パブロック・バンドのイメージが先行。


しかし、いつだったかこのライヴ・アルバムを初めて聴いたとき、
R&B色などほとんど無くてガッカリしたのを覚えている。


今ではカーサル・フライヤーズが、
そういうバンドではないことを知っているので、
まぁドクター・フィールグッドとはまた別の意味の
パブロックらしいバンドだなぁという感じですが。


ということで
ビート系のファンよりは
パブロックからパワー・ポップにつながる系ファンの方が
満足度は高いでしょう。


GOLDEN MILE / KURSAALS FLYERSFIVE LIVE KURSAALS / KURSAALS FLYERS
『 GOLDEN MILE | FIVE LIVE KURSAALS / KURSAALS FLYERS 』
Amazonの詳細

スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

2009.10.23 | Comments(0) | Trackback(0) | パブロック

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。