スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ビル・ハーレイと小川慎一

DOUBLE AGENT / BILL HURLEY

インメイツのヴォーカルであるビル・ハーレーが
1985年に出した初のソロ・アルバムがこのダブル・エージェント。



インメイツを脱退してた時期であったけど
ギターにはインメイツのピーター・ガンも参加。


一部のプロデュースにあのヴィック・メイルもクレジットされている。


またカウント・ビショップス、ドクター・フィールグッドのジョニー・ギターも全面的に参加、
・・・というよりアルバムにも堂々と名前が入り
バックカバーにもデカデカと写真が入っているほど。


そんなアルバムの内容はビル・ハーレーの趣味マルダシ。


このオッサン、カラオケ行ったらマイク放さないだろうなぁ、というほど。
あのコブシを聴かせてくれます。


8曲目《 Let's Start All Over Again 》のファルセットなど、お見事なものっす。


で、個性的なビル・ハーレーのヴォーカルは
どうしても目立つだけに忘れがちになりますが、
このアルバムを聴くとインメイツというバンドは
ビーター・ガンやベン・ドネリーが中心であることを
再認識させられますね。


ところで突然ですが小川慎一氏です。


このアルバムのViViD盤の日本語解説を書いている方なのですが
これがまたパブロッキンな文章で実によいのです。


特に余録はパブロックへの愛情が染み出てますね。


パブロックと南海ホークスとか
パブロックとワールド・ミュージックとか・・・


他にどこかで小川慎一氏がパブロックを語っていたら
是非とも読みたいので、
ご存知の方がいましたら
是非とも教えてください。


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2009.08.19 | Comments(4) | Trackback(0) | パブロック

コメント

これの日本盤が出てるのは知りませんでした。。。
ビルとジョニーだったんでCD見た時にすぐに買いました。

2009-08-20 木 16:24:09 | URL | アベ #- [ 編集]

日本盤

あっ、この日本盤お持ちですか?
(日本盤とはいえ独盤に帯、解説を付けたものですが)
日本語解説がなんともパブロックで味がありますよね。

2009-08-21 金 05:10:07 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

いや俺が持ってるのは輸入盤です。
解説付きがあったとは知りませんでした。。。

2009-08-31 月 16:14:29 | URL | アベ #- [ 編集]

ViViDから出てました

国内盤ですが、ViViDから
型番「VSCD-2703(I)」で出ていました。

2009-08-31 月 20:27:49 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。