スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ボウディーズ『 THIS IS MY STORY 』レビュー

THIS IS MY STORY / THE BAWDIES

ボウディーズ(THE BAWDIES)のメジャー第一弾アルバムである
『 THIS IS MY STORY 』を聴いた。


ボウディーズはこの2009年にあって、
CDの帯にもあるとおり
リトル・リチャードやレイ・チャールズ、
そしてビートルズやストーンズあたりの影響を感じさせてくれる
20代前半のメンバー4人組のなんとも愛らしいバンドなのだ。


レコード会社の宣伝文句?である「ビートルズの再来」というのは、
少々いきすぎな感もありますが・・・

ちょっとドスのきいた声にストーンズ的なサウンドの感触からか
T氏は日本のカウント・ビショッブスと言ってました。


1曲目からして、モータウン・ビートにスライド・ギターをかまして、
たしかにカウント・ビショッブスの雰囲気ありです。


またまた、一見すると
ジャケットでのモッズを感じさせるファッションといい
なかなかイケメン的なルックス、
そしてルーツとしてブラックミュージック。


さらに実際にアルバムを聴くとルックスからのイメージに反して
ヴォーカルの声質が骨太ソウル・ヴォイスなのだから
スモール・フェイセス、そしてスティーヴ・マリオットなんてイメージも。


はっきり言って新人とは思えないほどの実力。
圧倒的なヴォーカルはもちろん、演奏もうまいしヒネリを加えるセンスもある。


全曲がオリジナルでファンキーな曲作りも悪くない。


ちなみに全て英詞でそこが日本で受けるかどうか分からないけれど、
日本にこだわらずそのまま海外で受ければ、よりおもしろい


サウンド的には、インディー時代の2枚の方がコンパクトな曲でおいらの好みだが、
メジャーから発売されるには、この位の洗練度は仕方がないところでしょうか。


評判の良いらしいライヴで趣味丸出しのカバーでもやって、
リトル・リチャードやレイ・チャールズらの素晴らしきサウンドを、
若いファンにガンガンひろめてほしーいトコです。


THIS IS MY STORY / THE BAWDIES
『 THIS IS MY STORY / THE BAWDIES 』
Amazonの詳細


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2009.05.15 | Comments(4) | Trackback(0) | 日本のバンド

コメント

て事はBEAT-NET的イチオシは2ndのAwaking of R&Bですか?

あれにはI beg youも入ってますからねえ。
あとI'm loving with you(これもPVがある)も収録されてますからねえ。この曲は本人達も名前を挙げているサム・クック風の曲ですね。
サム・クックって意外とかなりポップなメロディーなんですよね。

2009-05-16 土 13:18:44 | URL | T氏 #- [ 編集]

どちらも捨てがたいです

インディー・ファースト『YESTERDAY AND TODAY』でのチープでマージーな雰囲気もマル。
インディー・セカンド『Awaking of Rhythm And Blues』のよりR&B色を強めたとこもマル。
どちらも捨てがたいですね。

> サム・クックって意外とかなりポップなメロディー
サム・クックの曲はたしかにポップですね。ライヴだと吠えますが。

2009-05-17 日 06:36:39 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

2nd聴きました

確かにどちらも捨てがたいですね。
個人的にサウンドは「R&B」の方が60年代っぽくて好きですが、声は「This is my story」の方がドスが効いてて好きですね。(あんな声で歌いまくってノドが潰れた事で凄みが増したのでしょうか?そう言えばオーティスやチバも途中から声が変わりますよね)
曲に関しては「R&B」の方が好きです。(特に前半の流れが良い!)
1曲目はオーティスの「FA FA FA」をリスペクト(オーティスだけに 笑)してますねぇ!

2009-05-18 月 20:35:13 | URL | T氏 #- [ 編集]

ファーストでも

ファーストでも笑えるくらい、スモール・フェイセスのワッチャ・ゴナ・ドゥーみたいなオリジナルやってたりしてます。

2009-05-20 水 06:26:25 | URL | BEAT-NET #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。