スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

パブロックとは

一般的には有名なバンドもいないし、ヒット曲もほとんど無いしで、
はっきり言って、ロックのジャンルの中では、
おもいきり地味なパブロック。


大概のロック本では、省略されてしまうか、
商業主義となったロック・バンドに対する反動でパンクへの橋渡しとなった
など等・・・といった説明レベル。



しかし、一度好きになってしまうと、
一生のお付き合いとなってしまうアルバムが多いのがパブロックっすね。


パブロックのパブとは、パブリック(public)、
「大衆」とか「市民」とか、そんな意味。


イギリスには「パブリック・バー」、略して「パブ」と呼ばれる
ビールなどのアルコールや軽食などが出される
立ち飲み居酒屋みたいな店があちらこちらにあります。


まぁ座る席もあるのですが、一般の会社帰りのサラリーマンあたりが、
立ち飲みしていたりします。


パブというと日本では、キレイなお姉さま?が、
お酒をついでくれて、どうのこうのみたいなイメージですが、
それは完全なる別モノ。


ズバリ、こんなところです。
英国パブ


近頃は、日本でもイギリス風パブやらアイリッシュ・パブが、
あちこちにありますね。


元々は、パブリック・ハウス(Public House)なる、飲み屋だけでなく
泊まれる施設や、雑貨屋、時には地域の情報センターみたいな
役割をもった便利屋みたいなところだったようです。


パブリックと呼ばれるだけあって、パブは一般向けで、
階級の高いお方はサルーンなどと呼ばれるところで、飲んでいたそうな。


簡単に言うと、そんな地元の一般庶民が集うパブで
ライヴを演っているバンドがパブロックと呼ばれたりしています。


なので、パブロックというと、
その辺のゴロゴロといるアマチュア・バンド的な感じで、
ちょっと小バカにしたような、ニュアンスもあるとの事ですが、
恐らくここ日本で、パブロックといえば
「商業主義に反した頑固なオヤジがやっている通向けのバンド」
といった感じがあるかと思います。


実態はもうちょっと単純で、
パブをメインの活動の場としているバンドといったところです。


・・・なもんで、パブロックといっても、
そのバンドのサウンドは様々。


ドクター・フィールグッドのようなR&Bビートあり、
ブリンズリー・シュウォーツのようなカントリー・ポップあり、
イアン・デューリーのようなファンク・ビートあり、
エディー&ホット・ロッズのようなパンク風パワーポップあり
・・・といった感じです。


おいらは、ドクター・フィールグッドを聴いて、
パブロックという存在を知ったので、
そのパブロックの代表的なバンドである、
ブリンズリー・シュウォーツ(の初期)を聴いたときの、
そのサウンドのあまりの違いにビックらしました。


そんなパブロック。


実際には、パブでのライヴは、
飲み屋の空きスペースを利用して、ちょっとしたライヴをやるところや、
別部屋にステージやPAなどもあって、
ライヴ・ハウスが合体したようなものなど、様々だったりします。


ライヴの方も無料で見れたり、
もしくは日本円にして千円もしないようなものがほとんど。


機会があれば、是非ともイギリスでのパブロック体験を。
60年代の大物がひょっこりとパブでライヴをしていたりもします。


最後にパブでのライヴを味わえる、決定版の1枚を紹介!

THE LONDON R&B SESSIONS - RECORDED LIVE AT THE HOPE & ANCHOR


スポンサーサイト

2007.08.26 | パブロック

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

BEAT-NET

Author:BEAT-NET


▼60年代ブリティッシュ・ビート-パブ・ロックのアルバム・レヴュー・サイト
BEAT-NET HOMEPAGE


▼60年代MODS紹介サイト
60年代モッズ・ガイド


▼PUB ROCK紹介サイト
パブ・ロック・ガイド


▼DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
ブリルコ


▼ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド
BRITISH BEAT CLASSIC


▼60,70年代英国ロック専門オンライン中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS


▼過去のブログ
ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!


▼お問い合せ
BEAT-NETのサイトに関するお問い合せ、感想、リクエスト等はこちらからどうぞ。
お問い合せフォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。